2017年5月27日土曜日

ママー、ママー、Mama!!


5月の母の日あたりから、「Mama, Mama~」のサビが入る歌をよく耳にするのは私だけでしょうか。しかも歌っているのは男の子ばかり。
ハイ、ハイ、なーに?

ユーロビジョンですっかり気に入った、3位の入賞曲、Sunstroke Project のHey Mamma。
付き合い始めた彼女のお母さんに「Mama、そんなに落ち込まないで、Mama、そんなに怒らないで。」と。まあ軽い歌です。私、怒りませんよー。


そして、この夏おそらく流行るであろう、Jonas Blue のMama。
彼女のお母さんに「僕たち今夜帰るから、Mama、気をもまないで。Mama、僕たち大丈夫だから泣かないで。」と、先の歌とシチュエーションが同じです。
娘さんを持つお母さんと、息子さんを持つお母さんとではとらえ方が違うかもしれないけど、これまた軽くて夏らしい歌。
Mama, mama, mama, hey!


スペインブログなのでこのへんで、スペイン語の歌を一曲。
Pitbull+J Balvin + CamilaのHey Ma。
でもこの歌のMamaはお母さんの意味ではありません。
スペインではこんな使い方はしないけど、南米では恋人にMamaとかMammyって呼んで、マイベイビーみたいな使い方をするから、この歌のMamaはベイビーとか、いかすねえちゃんというところかしら。
Hey Mama, hey mama, hey ,mama, hey ma!


お母さん賛歌の極め付けはARCEのMama。
一昨年から昨年にかけて、スペインで、流行るほどではないけれど、たまに耳にしてギョッとした究極のマザコンラップです。愛するお母さんに捧げるラップ。
かいつまむと:
ママは全てを与えてくれるだけで何も望まない。
頑固さと柔らかい心で僕を守ってくれるんだ。
誰かがママに危害を与えたら、僕はそいつを許さない。
どんなふうにして、あんたに感謝の気持ちを表したらいいのかわからない。
あんたについて行くよ。どこに行けばいいのか導いて。
ママ、愛してる。
百万以上の価値のあることを僕にしてくれた。
ママを愛している理由は2千以上あるんだ。ソファに座って話そうよ。
子供のために流した涙…今は僕が泣きたいよ。いつも優しくはできなかったから。
愛してる、ママ。
つらい時、ママを探せば、いつだってそこにいて僕を助けてくれる。
愛してる、ママ。
いろんな女の子に出会ったけれど、あんただけが真実だ。
心配しないで。いつでもあんたを助けるから。
どこまでもついて行くよ。
愛してる、ママ。


チビとチョコだってびっくりしてるよ。

これって行き過ぎじゃない?って次男坊に聞いてみたら、「べつに~。」
普通のラップで、若い子達は違和感もなく聞いているそう。
逆に、どうして私がそれほど過剰反応するのかが不思議だって。
「こんなの他にもあるよー。」だそうです。
Arceって、スペイン人で初めてビジターが百万を超えたラッパーだそうで、人気は高いらしい。

さすが、マザコンの国のラップと言ってしまえばそれまでだけど、日本で言うマザコンとはちょっと違うかな?
要するに家族間の愛情が濃くて、ママだけではなく、パパが大好きな息子、娘たちも多くて、パパが死んだら生きていけない、ママが死んだら生きていけないと公言する大のおっさんたちもいる。

息子ラブのお母さんたちも、息子に恋人ができたら大喜びで、息子の彼女にもべったり優しくするのが常だし、息子たちのお泊りにも寛容だし。

それにしても、パパー、パパー、Papa!!の歌ってあるのかしら。あまりなさそうな...
お父さんたち、頑張れー。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

2017年5月22日月曜日

サッカーとスケートボード、バルセロナで日本人が大活躍。

昨夜は、リーガ・エスパニョーラで、エイバルの乾貴士選手がバルサを相手に2ゴールを決めて、今朝のニュースでも話題になっていました。

日本人がバルセロナで活躍してくれると、やはりうれしいものです。 →  試合のまとめビデオ


時を同じくして昨日は、バルセロナで日本人のスケーターが大活躍しました。
Badalonaで開催された、プロスケーターの世界選手権であるSLS(Street League Skateboarding)
で、18歳の 堀米雄斗 (Yuto Horigome)選手が3位に入賞!おめでとう!
バルセロナはスケートボードのメッカ。
Skateparkが点在する、世界中のスケーターにとって憧れの街でもあるのです。



どのぐらい上手か、まずはこのビデオで。



このSLSか開催されたのは、バルセロナ市の隣のBadalona市。
リゾート感がなく地味目なビーチだけれど、バルセロナ市内から地下鉄やバスで1ゾーン料金で行けて、お金も時間もかからないので、BadalonaやMontgatは、若いバルセロナっ子たちに人気のビーチです。
Badalonaのビーチ
日本人がバルセロナで活躍するとどれぐらいうれしいかって?
ユニクロがバルセロナに来るぐらい!
でも、ユニクロのほうが実用的かな。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  

2017年5月21日日曜日

バルセロナのレトロなサン・アンドレウ地区のユースホテル COROLEU HOUSE

バルセロナの北端のサン・アンドレウに住み始めて18年。
久々にサン・アンドレウの報告です。 → 以前の記事 

昔から住むバルセロナっ子がおじいちゃん、おばあちゃんになって、そのまま時が流れている村のような地区、Sant Andreu。
決して豊かではなく地味な地区ではありますが、比較的治安が良くて、物価は安めでリラックスできるのがこの地区の魅力です。


1897年にバルセロナ市に併合されたSant Andreu地区はバルセロナ市内とは一味違います。

私の図書館Can Fabra。

この地区の中心、地下鉄L1のSant Andreu駅。
サン・アンドレウ地区のシンボル、Sant Andreu de Palomar教会。
10世紀にロマネスク教会として建立され、
その後1881年に増築され、今のネオゴシック様式の
教会となりました。
サン・アンドレウ地区の住人ならだれでも知っている、
モデルニズモ建築のカフェテリア、Versalles。
昔、村だった名残りが濃く残る家並み。


Sant Joan祭りまで、後1ヶ月。
爆竹屋さんはスタンバイOKです。



あらいい感じ。何かしらと思ったら、ユースホテル COROLEU HOUSE BARCELONAです。
カタルーニャ広場から3地下鉄を使えば30分。サグラダファミリア教会から20分、
バルセロナでの宿泊の穴場かもしれません。
サイトは  → こちら
Booking.comでも予約できるので冷やかしで見てみたら、夏はほぼ満室状態。
人気高そうです。


不法入居者が潜んでいそうな、
グラフィティのお家も時々見かけますけど、
レトロなSant Andreu、大好きです。

こんなに長く住んでいるのに、紋章を知らないことに気づきました。
左がSant Andreuの紋章。右がSant Andreruのサッカーチームの紋章。
鳩とTorre(塔)と手。由来の話はまた今度。
  

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ 
このエントリーをはてなブックマークに追加